マンション経営

マンション経営のメリット・生命保険として

マンションはローン契約に「団体信用生命保険」があらかじめ組み込まれます。

団体信用生命保険(通称「団信」と言われています)とは、住宅ローンの返済途中で死亡、高度障害になった場合に、本人に代わって生命保険会社が住宅ローン残高を支払うというものです。金融機関が、ローンの利用者をまとめて生命保険会社に申し込むもので、掛け金も安く、また加入時年齢による保険料の違いなどもありません。
一般の生命保険と比較してもマンション経営には大きなメリットがあります。

マンション経営を生命保険として考えると

POINT1.月額の保険料の負担が少なくて済みます

賃料収入で月々のローン返済の大半をまかなうことができます。
月々のローンの支払いには生命保険料が含まれていますので生命保険に加入したのと同じと考えることができます。
※現在、加入の生命保険を解約した場合

POINT2.オーナーにもしもの事があった場合ローンの支払いはなくなります

ローンの残金は生命保険で支払われるので、 ご家族にはマンション2室を財産として遺せます。

POINT3.家賃収入か売却して換金する事も可能

賃料収入は6万円×2室=12万円となり、年間144万円の収入です。

オーナー様の声
PAGE TOP
投資用マンション販売に関するガイドライン
株式会社サンアクアは、(社)九州住宅建設産業協会の「投資用マンションに関するガイドライン」を遵守しています。