マンション経営

  • ホーム
  • マンション経営

マンション経営のメリット

資産運用としてのマンション経営は、私的年金や生命保険がわりになる等、
様々なメリットがあります。

私的年金として
老後の安定収入減を確保。
マンション経営はローン完済すれば、賃料がすべて収益となるため年金としての役目を果たします。
メリット“私的年金として”
私的年金として
生命保険として
マンションはローン契約に「団体信用生命保険」があらかじめ組み込まれる為、万が一の際にはローンは保険金で完済され、ご家族には安定した家賃収入とマンションを残す事ができます。 メリット“生命保険として”
生命保険として
節税効果として
マンション経営を副業として申告すると、不動産所得に関わる経費を必要経費として節税できます。更に不動産を相続・贈与する際、市場価格でなく評価額が課税対象となり4~5割程度有利となることもあります。 メリット“節税効果として”
節税効果として
資産運用として
購入した物件をマンション経営として運用すれば、利回りは4%~5%が期待できます。これほど『利回りのいい資産運用』はありません。その環境が「今」ととのっているのです。 メリット“資産運用として”
資産運用として
Q&A
マンション経営のメリットや気になる点など、これまでお客様から頂いたお問い合わせの中から特に多い質問とその答えをまとめました。疑問点があれば、まずはこちらをご確認下さい。 マンション経営のQ&A
PAGE TOP
投資用マンション販売に関するガイドライン
株式会社サンアクアは、(社)九州住宅建設産業協会の「投資用マンションに関するガイドライン」を遵守しています。