マンション経営

マンション経営のメリット・資産運用として

超低金利時代に最適な資産運用法として注目されています

金融危機に伴って、世界的に超低金利時代が続いていくと予想されます。
しかし、賃料相場は相変わらず安定していることため、マンション経営は表面的利回り年4~5%程度の高い利回りの実現を期待することも可能なのです。(諸費用や経費などを考慮しない利回りの場合)

マンション経営はインフレにも強いひとつの資産です

インフレが起こると、お金の価値はどんどん目減りし、物価が上昇していきます。
だからこそ、不動産はインフレに強く、おのずと資産価値や賃料収入にも反映されていくのです。

利率表記(平成23年1月現在)
商品名予想年間利回り1,600万円を預けた場合の年間利率収入(※税引前)
通常貯金(郵便局)0.03%4,800円
定額貯金(郵便局)0.15%24,000円
普通預金(都銀)0.02%3,200円
大口定期(都銀)0.30%48,000円
外貨普通預金 米ドル(都銀)0.01%1,600円
国債(10年物)1.214%194,240円
サンヒルズ マンション4.5%720,000円

※価格1,600万円・月額想定賃料60,000円の表面利回りを表記しています。

預金や退職金でマンションを購入

10年間の賃料収入
PAGE TOP
投資用マンション販売に関するガイドライン
株式会社サンアクアは、(社)九州住宅建設産業協会の「投資用マンションに関するガイドライン」を遵守しています。